食べ方


”醗酵米ぬかサプリ<みちびき>”は、顆粒状のものをご用意しています。

①一番お奨めの食べ方・・・
野菜・果物ジュースに”発酵米ぬかサプリ”を大匙山盛り1杯を入れ、ここに無調整の豆乳を加えます。
但し顆粒状のため、底に米糠の粒が若干残ります。

このジュースを”毎朝”食べる習慣を付けることですね。昼や夜には、水でもお茶でも構いませんから1杯をお食べください。
健康は、やはり習慣の織物のようですから・・・。

●朝の野菜ジュースの基本的な材料は、写真に見られる人参、リンゴ、キャベツとします。

これに小松菜や、ほうれん草、セロリ、オレンジやパイナップルなど旬の野菜や果物を追加します。
裏技として、大根を加えます。もちろん葉も活用します。

さらにタンパク質の不足を補うために「無調整の豆乳」を加えます。

ドリンクの量ですが、最低でも350mlをお飲みになることをお奨めします。


②サプリみちびきの一般的な食べ方について・・・
サプリみちびきは顆粒状ですから、水やお茶で簡単に摂取いただけます。
原材料の発酵米糠は天然の玄米を精米しているため、原材料が口に残る場合があります。
このため食後の口腔内を清潔に保つためには、本製品を水やお茶などで一気に飲まれることをお勧めします。
ヨーグルトに混ぜて食べることもお奨めです。
和え物などの料理やクッキー、パン作りにもご利用いただけます。

③便秘の改善と予防について・・・
便秘の予防や改善を目的に本製品を食べられる場合は、毎日食べるのが理想的です。
特に朝食の摂食は欠かせません。食習慣となるよう工夫しましょう。
便秘予防の意味については、”食べ方と注意点”のページ「ガン食事療法の実践者様」をご覧ください。

④摂食後の下痢症状について・・・
ごくごく稀ですが、”醗酵米ぬかサプリ”を摂食されて、当初下痢をされる方が居られます。

これまでの臨床による結果では、下痢をされる人におかれては、複数の薬や抗生物質、多種の健康食品を服用や使用されているか、暴飲暴食など食生活に何らかの問題が見られる場合が多いようです

原因は腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のシェア争いによる腸内環境の激変にあるようです。
下痢を回避するために、まず少量から摂食されることをお勧めします。

サプリみちびきの材料は、日常の食生活で食べられている米糠、酒粕、ステビアですから、お腹に良い働きをしてくれる材料ばかりです。
上手く摂食を続けられると下痢は改善しますし、お腹の調子も良くなり、「醗酵米ぬかサプリみちびき」を構成する天然素材が持っている本来の働きが健康向上に役立ってくれます。


⑤食べ始めたら黒っぽい便がでるようになった・・・
醗酵米ぬかサプリみちびきの成分は、米糠、酒粕、ステビア草の天然素材を醗酵の工程を経てに仕上げたものばかりです。
これらの材料には食物繊維が豊富に含まれており、腸管の掃除をしてくれます。

つまり水溶性と不溶性の食物繊維と腸内細菌叢の餌になるプロバイオティクなどの働きにより、腸に溜まった宿便の掃除や憩室の改善に役立つため、黒っぽい便が排泄されることになります

本製品を食べ続けることで通常の便の色に改善しますので、安心してお続けください。


⑥腎臓に病気のある方でカリウム制限の方にはお勧めできません・・・
腎不全など高カリウム血症の方には、カリウムを多く含む食材食品の摂取が制限されています。
腎臓の機能が低下すると血液に含まれる過剰なカリウムを排泄できず、体内のカリウム濃度が高まり、最悪の場合不整脈から致命的な心停止を誘発する危険性があるためです

「醗酵米ぬかサプリみちびき」の材料であるステビア草には、一般の食材よりカリウム無機塩類が多く含まれています。

カリウムは、健康な身体を維持するために欠かせない抗酸化作用活性を促す微量栄養素ですが、腎臓の機能が低下している高カリウム血症の方に限っての摂食では問題が生じかねません
腎臓疾患の専門のお医者様にご相談の上ご判断ください。