酵素を摂る、活かす


■酵素を効率よく食べ、活かすには・・・
生野菜や自作の野菜果物ジュース、各種の果物には酵素が豊富ですが、鶴見医師やガン食事療法を提案される済陽高穂医師が推奨されているこだわりの摂食方法は、野菜や果物の「摩り下ろし」です。

摩り下ろすことで野菜などの細胞膜が破壊されて、中に含まれる酵素を数倍も多く体内に摂り入れることが出来るのです。

よく知られるところでは大根おろしやリンゴの摩り下ろしですが、このほかにもタマネギや生姜、長芋、ニンニク、人参、かぶら、キュウリ、レンコン、ジャガイモなど、摩り下ろしのレシピを増やすことで、より多くの酵素を体内に摂り入れることが出来ます。

朝の野菜ジュースも回転速度の遅い搾り出しのジューサーを使ったほうが、酵素の確保には優れています。
スロージューサーとして販売されていますので、是非お試しください。
朝の野菜ジュースを3ヶ月摂食し続ければ、以前と違う体調の変化に気づかれるでしょう・・・

食の養生法のページで朝のジュース(食の養生法:朝の野菜ジュース)をご紹介していますが、リンゴと人参とキャベツをベースにした食材に大根や小松菜などを加えています。

マックス・ゲルソン博士のガン食事療法ではアブラナ科の野菜群の摂食を奨めています。
その理由ですが、アブラナ科の野菜には活性酸素を除去する「イソチオシアネート」や抗がん誘導活性物質などのファイトケミカル(植物生理活性物質)が多く含まれているからです。

キャベツ、ケール、小松菜、ブロッコリー、白菜、蕪、カリフラワー、チンゲン菜、水菜、壬生菜、菜の花、カイワレ大根、クレソン、大根葉、ラディッシュ、メキャベツ、山葵、赤カブ・・・などは、スロージューサーに掛ければ酵素が効率良く得られることになるのです。

食の健康養生を計画されるなら、是非お試しいただきたい食の養生法なのです。


■健康の素として酵素を生かす・・・
酵素は腸内細菌が産出するほか、生の野菜や果物に多く含まれます。また抗酸化作用に働くファイトケミカル(植物の生理活性物質)も同様です。
この2つの物質の働きが21世紀に入って徐々に解明が進み、その働きがガンの予防や心臓病、糖尿病、動脈硬化の予防に役立つことから、栄養学の一翼を担う学問分野として注目を浴びています。

ヒトが火を使っての調理法を発見したことで、人体の構造にまで変化がおよびました。哺乳類の動物と人間の膵臓を比較すると、カラダのわりには断然人間の膵臓が大きいのです。

火の活用を発見した人間は、加熱調理の方法を習得し、消化酵素が必要な食事を食べるようになりました。
人間は長い年月を掛けて内臓の機能すらも変化させてきようです。
膵臓や唾液腺の肥大は、消化酵素を多く作り出すために必要だったのですね・・・。

食物酵素が不足している食品を過食することで、膵臓は過剰なまでに働き、悲鳴を上げますが、その先にある病気は糖尿病や心臓病、ガンなどの重篤な病気に他なりません。

しかし酵素とファイトケミカルを補う食事を工夫することで、ビタミンやミネラルが自然に補給される結果となるのです。食材自体もビタミンやミネラルを要求しているからでしょう・・・。

しかし熱を加えての調理の結果、酵素やファイトケミカルが失われ、熱に耐えるビタミンやミネラル、炭水化物や脂質が栄養素として残るのです。
酵素の存在があってこそビタミンや、ミネラルは本来の役割を発揮できるのですが、反対に酵素もビタミンやミネラルがあってこそ、酵素の果たすべき役割を発揮できるのです。

酵素の働きを支える物質に補酵素と補助因子があります。
コエンザイムとして知られる補酵素はビタミンのような存在であり、ビタミン様物質として位置づけられています。
ミネラルは補助因子として働きます。ミネラルは細胞で作られる酵素と合体して「ホロ酵素」と言う完全な酵素に仕上がります。これによって体内で惹き起こされる化学反応の触媒としての役割を果たすのだそうです。

■酵素による代謝向上でダイエットとアンチエイジング・・・

アンチエイジングやダイエットで欠かせないのが、内臓についた脂肪を減らす事に有ります。
皮下脂肪が付くと指でつまむことが出来ますが、内臓脂肪は外見からは確認できません。この内臓脂肪こそが肥満と老化、生活習慣病を惹き起こすことに繋がるのです。

内臓や腸間膜、お腹の奥に付く脂肪で、血管に取り込まれる性質があるため、脂質異常や肝臓の肥大化、臓器の肥満の原因になります。

心臓病や高血圧、動脈硬化などの原因にもなるのですが、これらを改善予防に働くのが「代謝酵素」なのです。

体内の酵素量は限定されているので、出来るだけ無駄遣いせずに代謝酵素としての活用が出来るように、過食を慎み、酵素を多く含む生野菜や発酵食品を食養生として積極的に摂り入れることです。

代謝酵素の摂食と運動養生を組み合わせることで、代謝向上の条件が整い、脂肪が燃焼されることでダイエットに繋がりますし、何よりも健康的なカラダになるのです。

代謝酵素が充実すると血栓溶解酵素が体内で作られ、さらに強力なプラスミンと言う酵素に変化し、強力に血栓を溶かしてくれるのです。この働きは動脈硬化を予防することになりますし、体内の全組織の代謝をアップしてくれるので、生活習慣病の予防にはお奨めの健康メソッドとなるのです。
勿論アンチエイジングにも役立つことになります。


お腹を整える・・・は、本ホームページを提案する「発酵米ぬかサプリ」のテーマでも有り、「野菜果物ジュース」と共に醗酵食品としての「醗酵米ぬかサプリ」を補給することで食物繊維と酵素が充実し、腸内環境が整い、代謝向上の充実を実現してくれるのです。