酵素のこと


酵素のこと

「酵素不足から病気は導かれ、難病は酵素の極端な不足が原因である・・・。」
「酵素次第で寿命は長くも、短くもなる・・・。」
「体内酵素を早く使い切るか、温存しながら大切に使うかによって、
長寿と健康は大きく左右される・・・。」

「酵素栄養学」なる学問分野は、エドガー・ハウエル博士(1896~1986)が提唱者です。
酵素栄養学の学問的研究は歴史も浅く、更なる研究が期待されるところです。

しかし酵素そのものは、間違いなくヒトの健康と寿命に多大な影響を与えているのです。
なにしろ腸内で酵素を作る腸内細菌の遺伝子の数は、人間の2万2千個より多く330万個も存在しているのですから・・・。

近年「腸管免疫」が注目されています。
生菜食や野菜果物ジュース、食物繊維、プロバオイテクや発酵食品などの摂食によって、増殖した腸内細菌が「酵素」を作り、腸管免疫をアップするようなのです。
酵素はどうやら健康と寿命を延ばしてくれるらしい・・・との研究発表が相次いでいるのです。