期待される乳酸菌


期待される乳酸菌・・・
近年乳酸菌の死滅菌が有効であることが分かって来ました。
腸内細菌の研究の権威である光岡知足博士は、乳酸菌の細胞膜に含まれている多糖類が菌の働き決定し、死滅菌でも細胞膜の中には多糖類が含まれるので、乳酸菌の有効性を発揮できる・・・とのことです

近年エンテロコッカス・フェカリス菌なる乳酸菌が死んだ状態でも、数さえ多ければ十分に有効な腸内細菌として活躍してくれることが解明されました。
コッカス菌はヒトの腸内に生息するヒト由来菌で、悪玉菌の増殖を抑えて分解する働きがあります。

この菌の特徴は酸に強く、強酸性の消化液に負けないのです。
酸性に強い乳酸菌であるため腸内に長く棲息して、コレステロールの低下を促し、血液の質をサラサラにする働きが有ります。消化液に強いので菌の働きが持続しやすいと言えるようです。

整腸効果は勿論のこと、老廃物の排泄、毒素の排泄を促します。またガンの予防効果があるとの研究報告があります。


さらに乳酸菌の増殖および処理技術が飛躍的に向上したことで、培養から乾燥処理まで自動化されることで大量に死滅菌を製造できるようになったのです。

今日様々な乳酸菌を工夫した健康食品が製造されていますが、死滅菌の有効性を発見したことで、利用の範囲とその効果がグ~ンと広がりました。
自己免疫疾患の改善やガン治療などにも乳酸菌は有効であるとの報告が相次いでいるのです。

そこでヨーグルトなどの乳製品を選ぶ時には、毎回異なるメーカーの商品を求めるのが賢い選択なのです。漬物のキムチやその他の醗酵食品も同様で、メーカーの異なるものをお選びください。

乳製品、醗酵食品に使用の乳酸菌群の種類が異なることで、腸内細菌の種類を豊富にすることが出来るからです。腸内細菌は菌の種類によって異なった酵素を産出し、生体活性に必要な化学反応を触媒してくれるのです。

■京都で発見された乳酸菌・・・
京都の漬物に「すぐき」があります。
1993年野菜の蕪を漬物に仕上げた醗酵食品の「すぐき」から乳酸菌が発見され、ラブレ菌と命名されました。正式名称はラクトバチルス・ブレビス・サボスピーシス・コアギュランです。

ラブレ菌の特徴は、ガンやエイズの予防効果が期待できるところにあり、発見当時に話題になりましたラブレ菌は生きたまま腸に届いて善玉菌として働き、悪玉菌の増殖を抑制してくれるのだそうです

乳酸菌の多くは通性嫌気性菌と言われていますが、実際には嫌気性菌も多く存在します。
昨今様々な植物や穀類の表面に棲息する新種の乳酸菌が発見されつつあり、新たな働きが解明される日が来るのでしょう・・・

<乳酸菌の一部>
1073乳酸菌・乳酸菌シロタ株・kw乳酸菌・乳酸菌生成エキス・r-1乳酸菌・ナノ型乳酸菌・l-55乳酸菌・プロテクト乳酸菌・lb81乳酸菌・ラクティス乳酸菌・lgg乳酸菌・新型乳酸菌・n-1乳酸菌・殺菌乳酸菌・ns乳酸菌・有胞子性乳酸菌・l29乳酸菌・ビフィズス菌・l92乳酸菌・ヤクルト菌・lg21乳酸菌・植物性乳酸菌・EF乳酸菌・コッカス菌・ETF2001・クレモリス菌・乳酸菌bb536・ラブレ菌・乳酸菌ls1・p.・ペントッセウス・乳酸菌ec-12・t.ハロフィルス