サプリについて

 

サポート情報(FAQ)

■<サプリについて>

Q01.健康食品を選ぶポイントは?

A.材料が安全である事が最も重要です。天然植物の成分や古来より用いられている素材、科学的根拠と同時に試用期間でそれなりの体感効果が確認できるものや、数ヶ月の試用で血液検査の数値や健康診断で、具体的に好結果が得られるものなどがお奨めとなります。

 

Q02.“みちびき 醗酵米ぬかサプリ”は、腸内細菌を増やしてくれますか?

A.はい。米糠も酒粕もステビアも善玉菌を増やし、またビフィズス菌の餌になります。水溶性と不溶性の食物繊維が含まれているので、早くて摂食の翌日か数日内には体感いただけます。糞便量が増えることで判断できるのです。

 つまり“サプリみちびき”は、便秘の改善や予防に役立つ健康補助食品と言えます。

 

Q03.腸内細菌は活性酸素を除去する働きがあるのですか?

A.医学的にも腸内細菌は、活性酸素を押さえる有効な微生物と認識されています。腸内細菌は微生物の働きで酵素を産出し、この酵素の働きに活性酸素を抑える機能があります。また米国人のA・グドコフ博士は、放射線障害を防御する作用があることを確認しているとのことです。(藤田紘一郎著/“50歳からは炭水化物をやめなさい”より)
●放射線は体内に多量の活性酸素を発生させ、細胞を次々に破壊するのですが、この防御に力強く働いているのが腸内細菌なのです。

 

Q04.“みちびき 醗酵米ぬかサプリ”に副作用がありますか?

A.基本的には有りません。日常的に薬を多用されている方や、各種の健康食品を常用されている方、抗生物質を服用されている方、食生活が乱れている方では、まれに下痢を体験される事があります。この現象は薬などの害で腸内細菌の悪玉菌が優位にあり、日和見菌も悪玉菌に同調する傾向にあります。

●“みちびき 醗酵米ぬかサプリ”を食べる事で、善玉菌が増え、日和見菌が善玉菌に傾倒し始めるとお腹でバトルが生じます。善玉菌の優位が確立される見込みが立てば、下痢は自然に改善します。腸内環境が整いつつある状態を示しています。
●下痢が続くようであれば“サプリみちびき”の摂食量を減らして、徐々にお腹を慣らして行くことをお奨めします。


Q05.“きみちび 醗酵米ぬかサプリ”を食べ始めると、黒いウンチが出始めました。
何かカラダに問題があるのでしょうか?
腸内細菌を増やしてくれますか?

A.日常的に牛肉や乳製品などの動物性タンパク質を過剰に食べ、和食より洋食を好み、野菜果物の摂食量が少ない人や、便秘勝ちの方では、腸に宿便が溜まりやすいのです。また慢性的な便秘の方には大腸に憩室が見られ、宿便の常態化が起こり、腸内での活性酸素の発生により、様々な病気の元凶にもなっているのです。
●“醗酵米ぬかサプリ”に含まれる、米糠・酒粕・ステビア草の天然の機能によるもので、この宿便が効果的に排泄されるようになります。“醗酵米ぬかサプリ”を食べ始めて暫くの間は、この黒色の便が出る場合があります。
●この現象は、腸管が掃除され、腸内環境が整い始める前兆であり、好ましい変化と言えます。


Q06.“みちびき 醗酵米ぬかサプリ”で放屁(オナラ)がよく出ますが、問題がありますか?

A. “サプリみちびき”に含まれる酒粕・米糠・ステビア草の乳酸菌等の微生物が、腸内細菌の善玉菌の働きを応援するで、同時に日和見菌も覚醒します。このとき醗酵が進むと鼓腸と呼ばれる状態になり、結果的に放屁の回数が増えます。
● “みちびき醗酵米ぬかサプリ”を食べ始めた初期によく放屁が起こります。また摂食量を増やすと放屁の量も増えますが、食べ続けると腸内環境も整い始めるので、徐々に放屁の回数も減ってきます。
●但し放屁が確認できてこそ、腸の健康状態を知ることができる現象でもあるのです。多放屁で無い限り問題は無いのですが、ご心配であれば“みちびき醗酵米ぬかサプリ”の摂食量を減らすことも考えて見ましょう。


Q07.“サプリみちびき”には米糠や酒粕が使われていますが、含有する有効成分の単一抽出や低分子化はしないのですか?

A.天然素材のものを細かく切り刻んで、人工的に低分子サイズにすると、吸収が良くなるように思いがちですが、結果は意に反して有効性が発揮されないケースがあるようです。低分子化する事で素材の生理活性が変化するからで、このため副作用が生じる事にもつながります。
●サルノコシカケ科の霊芝には、天然のガン抑制物質が含まれ、漢方の煎じ薬として用いられて来ました。このガン抑制物質を単一抽出して取り出されたインターロイキンは、有効成分として薬として用いると、激しい副作用が発生する事例が過去にあったとの事です。

 

Q08.自分に適合した健康食品を選ぶ方法はありますか?

A.摂食を継続し、血液検査の結果などによって選ぶには、ある程度の試用期間が必要となります。事前に感知する方法としてオーリング・テストがあります。正式名は“バイデジタル・オーリング・テスト”ですが、この方法は40年以上も前に日本人医師によって発見・発明されました。既に医療関係者の間でも普及している技術です。
●片方の手の平に調べたい薬や健康食品、食材などを置き、もう片手の親指と人差し指で環を作り、他者にリングの環を開いてもらうときに抵抗する力の入り具合、強弱で自分に適合したものかを調べる方法です。誰にでも簡単にテストできますので、ネットで検索し、その手法を体得してください。

 

Q09.“みちびき醗酵米ぬかサプリ”の有効性を確認する方法はありますか?

A.みちびき醗酵米ぬかサプリは、米糠と酒粕とステビアが素材の健康食品です。それぞれの天然素材の機能性や豊富な栄養素から、先ずは腹の調子を整えられるのですが、食べた翌日か数日後には排便の効果を実感できることになります。
●3ヶ月か半年ごとに、定期的に血液検査を行えば、血液の各種検査項目から生理活性やコレステロールや血液の質に変化が現れている事が確認いただけます。

 

Q10.どんな健康商品でも、有効成分を適度に加えていれば、良い健康食品が出来るのでしょうか?


A.健康食品の販売では受託製造法で作るケースが多いのですが、低分子の材料を一品ずつ寄せ集めて作られる場合には、それなりの健康被害も予想されます。
●アロエの抽出液を精製し、低分子化を施したドリンク剤で劇症肝炎を患った事例もあります。このため材料のチェックは欠かせません。材料と製造方法がチェックのポイントです。
●カニやエビ由来のグルコサミンやキチンキトサンから作られる、大手メーカーの健康食品において、高確率で皮膚炎などのアレルギーを引き起こすものがあります。成分の確認を怠らない事です。

 

Q11.“サプリ”はみちびき、プロバイオティクですか?

A.腸内環境を整える乳酸菌、ビフィズス菌などを、生きた状態で大腸に届かせる食品の事を“プロバイオティク”と言います。大腸に生息する善玉菌の餌になる食品を“プレバイオティク”と言います。長年腸内細菌の働きを研究し、善玉菌の名付け親でもある光岡知足博士は、この両者の機能を併せ持つ食品を“バイオジェニック”と呼称し、このタイプの製品の登場を予測されていました。(人の健康は腸内細菌で決まる 光岡知足著/技術評価社)
●“みちびき醗酵米ぬかサプリ”の素材で、米糠は腸内細菌の棲息環境を整える働きがあり“プレ”の働きです。米糠を醗酵米糠として用いる場合は”プロ”の機能も発揮します。

●酒粕は“プロ”と“プレ”の両方の機能を持っています。ステビアは濃縮液は醗酵して作りますから“プロ”ですが、ステビア草の焙煎粉末は配糖体と食物ですから“プレ”の機能も有しています。ステビアを醗酵させて焙煎粉末に加工することで”プロ”に仕上がります。

●“みちびき醗酵米ぬかサプリ”は、光岡知足博士が主張されるところの“バイオジェニック”であり、多機能・高機能の働きを有しています。その主な働きは天然素材の性質から得られるもので、腸内環境を充実させ、栄養素の吸収を高め、生理活性力や代謝力を応援してくれる健康補助食品となります。


Q12.腸管免疫が近年話題となっていますが?

A.免疫システムは、その殆どは“腸”にあると言われています。カラダに侵入してくる病原菌や有害物の異物をチェックするのが腸で、全身の免疫細胞の70%前後を有しています。
特に小腸は免疫系の要で、ウィルスや異物に反応するために神経細胞が多く集まっています。
リンパ球の70%が腸管にあって、この腸管免疫が肝臓の働きと相関関係にあります。

腸から肝臓に送られた栄養分を分解したり、エネルギー分の貯蔵や細菌やウィルス、有害物質の無害化、解毒作用を担い、老廃物を分解し、胆汁分泌作用で体外に排出してくれます。
この一連のサイクルに働いてくれるのが醗酵米糠や酒粕やその他の醗酵食品で、且つ食物繊維を豊富に含む天然の食材が候補に挙げられます。

 

Q13.酒粕入りの“みちびき”を子供に食べさせても大丈夫ですか?

A.はい。大丈夫です。“みちびき発酵米ぬかサプリ”の酒粕は粉末のものを使用しています。アルコールを含有しないので、子供にも下戸の方にも安心してご使用いただけます。

 

Q14.“みちびき醗酵米ぬかサプリ”は 肝臓に不安のある人が食べても大丈夫ですか?

A.はい。大丈夫です。 ”サプリみちびき”の材料である酒粕は、アルコールを含んでいませんから、肝臓に不安のある方でも特に問題はありません。むしろ酒粕やステビアが肝臓の働きを応援してくれます。

 

Q15.“みちびき醗酵米ぬかサプリ”を食べ過ぎると害はありませんか?

A.薬や健康食品を各種服用、使用されている方で、初めてサプリみちびきを食べられる方で、たまに下痢をされる方があります。薬の多飲で腸内環境が悪玉菌優位の状態にあるとき、“みちびき醗酵米ぬかサプリ”の善玉菌を応援する力が働いて、日和見菌が善玉菌に目覚めます。このとき下痢のような症状が出たたりします。
●下痢などの症状が出る方は、“みちびき醗酵米ぬかサプリ”を少量からからお始めください。

 


■参考図書
・酒粕の凄い特効 滝澤行雄著/宙出版
・酒粕のすごいパワーやせる健康になる  滝澤行雄/監修・学習研究社 
・酒粕に秘められた驚きの健康効果  NHKウィークリーステラ
・酒粕健康パワー  滝澤行雄/監修・世界文化社 
・麹     一島英治/著    法政大学出版  
・人の健康は腸内細菌で決まる   光岡知足著/技術評価社